スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンデットリングでブードラをしたのでデッキ紹介と雑感

ポケモンカードXYシリーズ第7弾「バンデットリング」ついに発売されましたね
例のCMに引っ張られて念を込めてパックを剥いた方も多いんじゃないでしょうか

そのバンデットリングでブードラをやってきたので使用デッキ紹介と雑感を少し書きます

----------------------------------------------------------------------------------------
ブードラの変則ルール
・ひとり2枚までティエルノを入れることができる
・EXポケモンは使うことができないがそのかわりにその弾に入っている好きなカードとして扱うことができる
-----------------------------------------------------------------------------------------

デッキ
ポケモン 14
ウルガモス(サンバース)2-2
ギャラドス(あばれしぶき) 2-2
エンテイ(フレイムコンバット?) 2
ヌオー 2-1
アンノーン 1

サポート 2
ティエルノ 2

エネルギー 14
炎 8
水 6

結果は全勝優勝でしたわぁい
ブードラで結果を出すことに定評のあるところの僕って感じだ
UR、SRがいいの出てなかったのでフーパをおいしくいただきました

--------------------------------------------------------------------------------------
デッキの解説兼バンデットリングでのブードラの雑感を書くのでネタバレ(?)嫌な人はブラウザバック推奨
----------------------------------------------------------------------------------------

まあまずカードリストを見ればわかる通り炎がどちゃくそ強い
2エネで60くらいポンポン出してくるエンテイ、無色でエネ加速してくるうえ下の技も優秀なサンバースウルガモスがブードラという低火力低耐久環境において明らかにずば抜けてるのでこのへんを使わない理由がない
なので必然的に炎に弱点突かれる草はあまり使う意味がない(使ってもいいけどきつそう)
というわけで炎一強になる環境は見え見えだったためそれに対抗するにはギャラドスしかなかった

しかしこのギャラドスがまた強いカードで、4エネつけてしまえばどんな相手でもほぼ確実にワンパンできるうえに自分は1発で死ぬことがほとんどない
弱点は電気だが今弾の電気はサンダース、ロトムしかおらずどちらもあまりいい性能ではないためデッキに入らない、そのためギャラドスは弱点を突かれることなく悠々と暴れることができる

というわけで序盤はエンテイ、ウルガモスで暴れつつ後ろでギャラドスを育て、あとは適当に流れでドーンで勝ち、というパターンが強かったし実際ギャラドスを倒されたことがなかったため正解だったと思う

もういちどブードラやる機会があったらサンダースは必須かなあ

デッキに入っているヌオーはなんとなくでいれたから深い意味はない
一応カラマネロの対策になっているという設定がある

デッキの話と雑感終わり

とりあえずバンデットリングのコモンアンコモンは最低必要枚数そろえたのであとはEXをちまちま買い揃えていきたいですね
読んでいただきありがとうございます
次は東北オフの使用構築紹介になると思います
ではでは~




スポンサーサイト
プロフィール

とーりん

Author:とーりん
とあるポケサー員のブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。